名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 水虫について

各症状とその施術法

水虫について


これまで男性の病気と思われていた「水虫」ですが、


最近は若い女性に急増しています。

ブーツ、ストッキングなどで足がムレやすくなっていることが、その原因と言われています。


●水虫はどんなもの?

白癬菌(はくせんきん)という「カビ」が原因で、

皮膚の表面の角質層に寄生して皮膚に病変を起こすものです。

一般的に最初は、かゆくなります。

足、手、爪体、陰部など、罹る場所によって種類分けされています。

最近、女性に目立つのは「足」と「足の爪」です。

●水虫は皮膚の症状によって、次の3つに分けられます。

足の指の間が白くふやけたり、あかぎれのようになるタイプ。

足の裏や手のひらが水ぶくれやかわむけになるタイプ。

足の裏や手のひらの皮膚が厚く硬くなって亀裂ができるタイプ。


●爪の水虫は痛みやかゆみなどの自覚症状がないのが特徴ですが、

次のような症状に気を付けましょう。

・色が白く濁ったり、茶色に変色する

・爪が厚くなったり、もろくなったりする

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る