名古屋の整体 あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 胃カメラについて

各症状とその施術法

胃カメラについて

胃カメラとは上部消化管内視鏡検査のことで、
先端にカメラがついたファイバーを口から入れていきます。

観察できる範囲としては、
十二指腸の入口の膵液などが分泌される入口までです。
主に食道や胃の癌や潰瘍、静脈瘤などを肉眼的に観察、治療するために使われます。

機能として簡単な細胞の形状まで観察する事が可能ですので、
かなりの情報を得ることができます。

▲ページ上部へ戻る