名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > とびひについて

各症状とその施術法

とびひについて

とびひは春から夏にかけて多い皮膚のトラブルで、


正式には伝染性膿痂疹と言います。

元々あった虫さされや湿疹の部分にブドウ球菌がついて、


炎症が起こり水ぶくれができるものです。

患部を触った手で、他の部分を触ったり、


他の子供を触ったりすると水ぶくれが「飛び火」するように新しくできてしまいます。


普段から皮膚や手を清潔にすることと、


子供が皮膚を掻きむしらないように注意することが大切です。

夏場汗をかいたら、


こまめにシャワーをさせ、良く手を洗わせます。

虫さされや湿疹に対しては早めにかゆみ止めなどの処置をして、


掻かないようにしましょう。

場合によってはガーゼなどで覆うのも一つの方法です。

また、とびひを疑う場合は小児科や皮膚科を受診しましょう。

そしてきちんと治るまで治療・処置を続けることが大事です。

▲ページ上部へ戻る