名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 処方薬と市販薬の違いについて

各症状とその施術法

処方薬と市販薬の違いについて

「処方薬と市販薬の違いについて」


病院でもらう処方薬(医療用医薬品)は、診察や検査を受けた後に、医師の判断で特定の個人、特定の症状に合わせて使われる薬です。

市販薬(一般用医薬品)は、どのような人が使用するかわからないので、


まず第1に安全性が重視され、その有効成分も処方薬と比べると少なめです。

また、できるだけ多くの症状に対応できるように作られています。

しかし最近では医療用と同じ成分・分量の市販薬が増えてきました。

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る