名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 頭痛薬の市販薬の上手な利用法について

各症状とその施術法

頭痛薬の市販薬の上手な利用法について

「頭痛薬の市販薬の上手な利用法について」


空腹時を避け、頭痛や前兆が出た際、早めに服用。

頭痛に効く市販薬のおもな成分は次の通りです。


●鎮痛成分

→血管周辺の炎症を抑えたり、
大脳へ痛みが伝わるのを抑えます。

イブプロフェン、
アスピリン、
アセトアミノフェン、
エテンザミドなど。


●鎮静成分

→頭痛に伴うイライラや緊張を鎮めます。

ブロムワレリル尿素など。

薬を服用するときは、空腹時を避け、十分な水で飲みましょう。


水以外の飲料は、有効成分の吸収を遅らせることがあります。


鎮痛剤にはコーヒーなどと同じカフェイン類も含まれているため、

過剰に摂るとイライラや頭痛を招くことも。


軽度の片頭痛の場合は、服用で改善することもあります。


薬を飲んでも改善されないときは、相談してください。

▲ページ上部へ戻る