名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 飲料水の糖分について

各症状とその施術法

飲料水の糖分について


「飲料水の糖分について」


まだまだ残暑きびしく、冷たいジュースを沢山飲みがちですが、


飲料水の糖分には十分注意しましょう。

例えば野菜ジュースには、三gのステックシュガー約三本の糖分が入っています。

また缶コーヒーでは、約六本、炭酸飲料では、約十二本の糖分が入っています。

冷たい飲み物は、温かい物に比べて甘さを感じにくく、


一度に飲む量も多くなりがちです。

糖分の取り過ぎは、肥満や中性脂肪の増加につながります。

なるべくお茶やミネラルウォーター、


そしてコーヒーや、紅茶はブラックやストレートを飲むようにしましょう。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る