名古屋の整体 あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 動脈硬化の危険因子について

各症状とその施術法

動脈硬化の危険因子について


「動脈硬化の危険因子について」


動脈硬化を進行させる危険因子としては、

(1)脂質異常症

(2)糖尿病

(3)高血圧

(4)喫煙

などがあります。

そのなかでも、動脈硬化の進行において、最も動脈硬化を進行させる悪の根源といわれているのが、


血中の脂質が異常値を示す状態、すなわち脂質異常症です。

▲ページ上部へ戻る