名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > アスピリン喘息について

各症状とその施術法

アスピリン喘息について


「アスピリン喘息について」


アスピリン喘息と呼ばれるNSAIDsという種類の痛み止めの服用後に起こる喘息があります。

薬を飲んだ後になぜか鼻が詰まるなどの症状がある方は、


この喘息の可能性があります。

喘息が起こると致死的な症状が出ることもあります。

このような症状がある方は、風邪などで薬を処方してもらう際に一言医師にその旨を告げましょう。

NSAIDs系の薬を避ければこの喘息は回避できます。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る