名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を邪魔する

各症状とその施術法

リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を邪魔する

「リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を邪魔する」

リンは「カルシウム」や「マグネシウム」と結合し、骨や歯を作るので、とても大切な成分です。

しかし、リンを過剰に摂取すると、多くのカルシウムと結びついてしまうため、


体に吸収されなくなってしまうのです。

つまり、カルシウム不足になってしまう恐れがあるのです。

リンの過剰摂取により、「骨粗鬆症」などの症状を引き起こす恐れがあるので注意してください。

リンが多く含まれる食べ物は「インスタント食品」や「清涼飲料」などです。

食べすぎには気をつけてください。

逆に、リンが不足してしまうと、骨が弱くなったり、倦怠感、関節痛などの症状をひき起こします。

しかし、普通の食生活をしていれば、不足することはないので、


バランスの取れた食生活を心がけてください。

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る