名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 感染症の療法について

各症状とその施術法

感染症の療法について


「感染症の療法について」


感染症には大きく分けて寄生虫、細菌、ウイルスに因るものがあります。

いわゆる「抗生物質」とはこの中の細菌を殺すための薬です。

ウイルスに対する薬はほんの数種類しかなく、


(インフルエンザなど)ウイルス感染の場合は対症療法と言って、


薬によって免疫力を高めたり、熱を下げたり対処します。

俗に言う「風邪」もウイルスによるものがほとんどなので対症療法が原則となります。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る