名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 蚊による虫刺され予防について

各症状とその施術法

蚊による虫刺され予防について

「蚊による虫刺され予防について」


蚊に刺されないためには、まず蚊の発生を防ぐことが大切です。

空き缶やプランターの水受けなどに溜まる水はすぐに除去し蚊が産卵やふかする場所を減らしましょう。

また、窓に網戸を取り付けたり、網戸には虫よけスプレーを噴射して、蚊の室内への侵入を防ぎましょう。

さされた後は、痒くてもがまんしてかかないようにしもし、化膿、皮膚炎などが
起こった場合は、早めに医療機関を受診してください。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る