名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 水虫の症状について

各症状とその施術法

水虫の症状について


「水虫の症状について」


水虫の症状は、足の部位や症状によって4つに分けられます。

・趾間型

指と指の間(趾間)の皮がむける、皮膚が白くふやける


・小水疱型

土踏まずや足の側面に小さな水ぶくれができる


・角質増殖型

かかとを中心として足全体の皮膚が厚くなり、ひび割れを起こす


・爪白癬

爪に白癬菌が侵入し、黄白色に変色する


趾間型や小水疱型は強いかゆみがあるのが特徴ですが、


角質増殖型にはほとんどかゆみがありません。

しかし、かゆみのない角質増殖型のほうが、実は重症なのです。

反対に、かゆみがある水虫は初期段階であり、対処しやすいのが特徴です。

「かゆみや見た目の悪さだけなら我慢すればいい」と軽く考える人もいるかもしれません。

しかし、水虫は皮膚が損傷している状態であり、患部からブドウ球菌などの化膿菌が入ると、足が腫れ、激しい痛みにより歩行困難になるケースもあります。

特に注意が必要なのは糖尿病の人で、水虫の疾患部から化膿菌が入り、足の壊疽が起こって切断しなければならないこともあります。

このようなケースは頻繁にあるわけではありませんが、


「たかが水虫」と思わないことが大切です。

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る