名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 目の下のクマについて

各症状とその施術法

目の下のクマについて


「目の下のクマについて」


寝不足や疲れている時にできる事が多い、目の下の「クマ」。

これがあるだけで、いくら元気なふりを装っても、


「あれ、無理してない?大丈夫?」


と心配されたり表情もどことなく暗く見えてしまいます。

何故「クマ」ができるかご存知ですか?


それは「まぶた」の構造に関係があるんです。

まぶたの皮膚は身体の中で最も薄く、


しかも脂肪がない為、すぐ下には筋肉があります。

筋肉は動くたびに、酸素や栄養を使いますから、それを供給するために細い血管がたくさん伸びてきています。

疲れがたまったり、体調がよくないときは、末梢静脈の血流が悪くなるので、


まぶたの静脈も血液が滞りがちに。

そして滞った静脈血が、薄い皮膚を通して透けて見えるため、目の下が黒い影のように見えるというわけです。

つまり「クマ」を取るには、まぶたの血流を良くするのが一番。

冷たいタオルと温かいタオルを、まぶたに交互にあてたり、軽くマッサージをして、血行をよくしてあげましょう。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る