名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 善玉と悪玉の違いについて

各症状とその施術法

善玉と悪玉の違いについて


「善玉と悪玉の違いについて」


コレステロールの運ばれ方が違います。

コレステロール自体は皆同じで、善玉も悪玉もありませんが、


組み込まれるリポタンパクにより違いが出てきて、善玉と悪玉に区別されます。

・HDL(善玉)

 内部にコレステロールが少ないリポタンパク。


各組織で余ったコレステロールを取り込み、肝臓に運び去る。


HDLが減ると、余分なコレステロールが回収 されなくなり、血管や組織にたまる。


・LDL(悪玉)

 コレステロールが豊富なリポタンパク。


組織にコレステロールを運ぶ。


LDLが増えると余ったコレステロールが組織にたまり、動脈硬化を起こす。  


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る