名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 胃が荒れると出る症状について

各症状とその施術法

胃が荒れると出る症状について

「胃が荒れると出る症状について」


痛みや吐き気、食欲不振などさまざまな症状が出ます。

胃はとても働き者の臓器で、


食べ物の貯蔵、消化・吸収、温度調節まで、さまざまな仕事をします。

胃の内部は鉄を作る溶鉱炉に例えられます。

胃に負担がかかると、鉄(=食べ物)を溶かすだけでなく、溶鉱炉(=胃)そのものも溶かし、荒れてしまいます。

肝臓は病状が重くなるまでほとんど症状が出ないため「沈黙の臓器」といわれるのに対し、


胃は逆に少し荒れただけでも多彩な症状を見せるため「饒舌な臓器」といわれます。

胃に障害が生じると、エネルギー源である食べ物が供給できなくなり生命の維持に関わってきますので、早めにSOSサインを出してくれているのでしょう。

胃が荒れたときのおもな症状は次のとおりです。


・胃の痛み

・胸やけ

・吐きけ

・嘔吐

・腹部膨満感(おなかがはった感じがする)

・ゲップ(おくび)

・食欲不振


これらの症状の出方は、胃の状態や人によって異なりますが、


一般にまずゲップや胸やけがあって食欲がなくなり、


次に吐き気が生じ、


さらに胃の荒れがひどくなると胃の中の食べ物や胃液を吐くようになります。

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る