名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 低血糖症と情緒不安定について

各症状とその施術法

低血糖症と情緒不安定について

「低血糖症と情緒不安定について」


甘いものやジュースを摂取することで急激に血糖値が上昇すると、


膵臓は血糖値を正常に戻すためにインスリンを分泌します。

しかし、血糖値の調節に膵臓が疲れきってしまうとインスリンが正常に分泌されず、低血糖状態になります。

低血糖症状として、


ため息やあくび、冷汗など体の症状の他、心の症状として疲れや無気力、イライラなど情緒不安定が起こります。

なるべく甘いジュースや缶コーヒーは控え、


糖分のないお茶や水を飲むようにしましょう。

また、血糖値の上がり具合をゆるやかにし、


膵臓の負担を減らすためにも、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る