名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 突然花粉症になる仕組みについて

各症状とその施術法

突然花粉症になる仕組みについて


「突然花粉症になる仕組みについて」


花粉症は花粉を吸い込むことで起こる病気で、IgE(アイジーイー)抗体(免疫グロブリンE=花粉などに抵抗して体内につくられる物質)をつくりやすいアレルギー体質が大きく関係しています。

日本でもっとも患者数の多い花粉症はスギ花粉によるものです。

スギ花粉に対するIgE抗体が、発症に至る量まで体内で産生されるには通常、20~30年かかるといわれています。

しかし、体質や吸い込む花粉量の違いにより、発症までの期間は変わってきます。

また、環境も発症に関係しています。

アレルギーの発症は、水道から落ちる水とコップに例えられます。

さまざまな要因からIgE抗体が一定量を超えて産生されると、コップから水があふれるように、はじめて発症するのです。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る