名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 目のかすみについて

各症状とその施術法

目のかすみについて


「目のかすみについて」


疲れ目、加齢、目の病気が原因で起こります。

目のかすみが起こる原因は大きく次の2つに分けられます。

・疲れ目

コンピューターの画面や細かい活字など近くを長時間見続けたりすると、水晶体や毛様体が近距離モードに固定されます。


すると毛様体の筋肉に負担がかかり、疲れ目(眼精疲労)から仮性近視になり、放置すると近視に進行します。


・加齢

ピント合わせの機能が衰え、近距離モードに設定できなくなります。


そのため、遠くのものははっきり見えるのに、近くの細かいものがよく見えなくなる。

若い人に起こる場合は「調節衰弱」と呼びます。

老眼鏡をかけないと眼精疲労が起こりやすくなり、活字を読みたくなくなる、目が重い、目が疲れる、肩がこる、吐き気がするなどの症状が起こります。

そのほかに、白内障や網膜の病気、硝子体混濁、視神経の病気などが原因で起こることもあります。


<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る