名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 水虫の原因について

各症状とその施術法

水虫の原因について

「水虫の原因について」


カビの一種「白癬菌」が皮膚に潜伏するため、

水虫の原因は、カビの一種である「白癬菌」です。

白癬菌には、人から人に伝染するヒト好性菌と、


土の中に棲息する土壌好性菌、


イヌやネコなどの動物の毛に棲息する動物好性菌があります。

水虫の90パーセントはヒト好性菌による感染です。


人の角質(アカ)、毛、爪には、タンパク質の一種であるケラチンが含まれています。

白癬菌は、このケラチンが大好物なのです。

白癬菌がすみついた角質、毛、爪が体から落ち、それを媒介として感染していきます。

バスマット、スリッパ、畳、じゅうたんなどを感染経路とするのはそのためです。

ただ、白癬菌に触れただけですぐに感染するわけではありません。

白癬菌は皮膚の最も外側にある表皮の中の「角質層(ケラチン)」に寄生しますが、


角質層の中に入るまでに2~3日はかかります。

角質層の中に入った場合、高温多湿( 気温18度以上、湿度80パーセント以上)という環境になったときに増殖を始める
のです。

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る