名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 毛髪の寿命について

各症状とその施術法

毛髪の寿命について

「毛髪の寿命について」


人の毛髪は約10万本あり、1ヵ月に約1センチ成長するといわれます。

一定の期間、成長を続けて寿命を迎えると毛髪は自然に抜けます。

寿命は男性で2~5年、女性で4~6年。

個人差はありますが、1日の自然な抜け毛の数は50~70本です。

自然に抜けた後は再び、同じ毛包から新しい毛髪が生えます。

この繰り返しを毛周期(ヘアサイクル)といいます。

一定の成長期(成長し続けている周期)が過ぎると毛根は細胞分裂を止めます。

すると毛髪の成長が止まり(退行期)、ブラッシングなどの軽い外力でも抜けやすい3~4ヶ月の休止期を経て、新しい成長期の毛髪が生えてきます。

すると、残っていた古い毛髪も押し上げられて抜けます。

発毛しはじめた段階ではうぶ毛の状態ですが、次第に毛球は大きく、毛髪も太くなっていきます。

成長期の毛髪は全体の80~90パーセント、休止期は10~20パーセントです。

一方、男性の10人にひとりの割合で起こる壮年性脱毛症の場合、成長期の期間が短くなり、太い毛髪に成長する前に抜けます。

その結果、細い毛髪が増えるとともに、毛包も十分に成長せず、小さくなっていきます。

~感謝し、感謝される志事を~

  あさひ接骨院
http://nagoya-asahisekkotsuin.com/

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院>

▲ページ上部へ戻る