名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 体温36.5度の秘密について

各症状とその施術法

体温36.5度の秘密について


「体温36.5度の秘密について」


そもそも私たちの体はなぜ、36.5度なのでしょう? 


実は、


36.5度は完璧なバランスを持った温度なのです。

36.5度は細菌感染を防ぐために十分な熱、


ただし物を食べ続けなくてはいけないほど熱を消費するいう温度ではない、


という絶妙バランス。

今まで科学者達の間で、


どうして発展したほ乳類は、他の動物よりも体温が高いのか?


と不思議に思われてきましたが、


この菌と関係した完璧なバランスが理由のようです。

動物を感染させることができる菌類は、1度につき6%の割合で減っていきます。

故に我々は高い体温が要求されるのです。

が、問題はどれだけ高ければいいのか? 


ということ。


そこで科学者達は、


細菌感染から守るために必要な、30度から40度の間に体温をキープするために消費しなければいけない熱量を天秤にかけて計算。


その結果、


最も利点を引出し、欠点を最小限に抑えたベストバランスな温度が、


約36.7度だったそうです。

▲ページ上部へ戻る