名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 花粉症を防ぐための生活法について

各症状とその施術法

花粉症を防ぐための生活法について


外出時の三種の神器は「マスク、メガネ、帽子」


花粉症の症状を抑えるためには、普段から花粉を上手に避ける工夫をすることが大切です。


・花粉が飛びやすいときの外出を避ける

花粉は湿度が低く、晴れた日にかぜに乗って飛びやすく、とくに雨が降った翌日に晴れた日は、2日分の花粉が飛びます。

1日のうちでは昼前から午後3時頃がピークとなります。


・外出時には花粉をガードする

外出時にはマスクとめがね、帽子を着用しましょう。

帽子は帰宅後、髪から目や鼻に花粉が落ちるのを防ぎます。

首筋に花粉がつくと炎症を起こしやすいので、スカーフなどを巻くのもおすすめです。

また、厚化粧をすると肌がべたついて花粉が付着しやすくなります。


・帰宅時は花粉をよく落とす
玄関に洋服ブラシを用意しておき、帰宅時は玄関の前で体や衣服についた花粉をよく払い落としましょう。


・その他
急激な温度差、心身の疲労、睡眠不足、ストレスなども体の抵抗力を弱め、症状を悪化させることがあるので、規則正しい生活を心がけましょう。


また、適度な運動は花粉症に負けない体力をつくるとともに、血行を促進して鼻づまりを改善させる効果があります。


水泳も、アレルギーにはよいといわれます。


------------------

「アメリカの心」学生社

~~~

君はこれまでに,何度も失敗した。

きっと覚えてはいないだろうが。

はじめて歩こうとしたあの時、


君は転んでしまった。

はじめて泳ごうとしたあの時、


君はおぼれそうになった。

そうじゃなかったかい?


はじめてバットを振ったとき、


バットはボールに当ったかい?


強打者たち、


ホームランを一番よく打つヒッターは、


よく三振もするものだ。


R.H.メーシーは、


7回も失敗したあとで、


ようやくニューヨークの店を成功させた。

英国の小説家ジョン・クリーぜーは、


564冊の本を出版する前に、


753通の断り状を受けとった。

ベーブ・ルースは、


1330回三振した。


だが714本のホームランをかっとばしている。

失敗を恐れちゃいけない。

トライもしないで逃すチャンスこそ、


怖れた方がいい。

最後までお読み頂き誠に有難う御座いました。

~感謝し、感謝される志事を~

  あさひ鍼灸接骨院
http://www.asahisekkotsuin-nagoya.com/

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ鍼灸接骨院と中区の金のしゃちほこ鍼灸接骨院>

▲ページ上部へ戻る