名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法 > 花粉症の症状が出る時期について

各症状とその施術法

花粉症の症状が出る時期について

原因植物の開花期によって症状が出る季節が違います。

スギ花粉症にかかる人が多いため、「花粉症は春先だけ」と思われがちです。

しかし、スギ以外の植物が原因となって花粉症を起こすこともあり、その開花期によって症状が出るシーズンは異なります。


・ヒノキ...3~5月

・イネ科植物(カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、スズメノテッポウなど)...4~8月

・ブタクサ...8~9月

・ヨモギ...8~11月

・カナムグラ...9~11月
(地域による差もあります)


とくに注意が必要なのはヒノキの花粉症です。

昭和50年代以降はスギ以上にヒノキの植林がさかんに行われ、針葉樹の人工林の約4分の1を占めています。

今はまだ植林されたヒノキは若木ですが、樹齢が25年から35になると花粉の生産量がピークとなるため、


これからの時代、ヒノキ花粉症の人が確実に増えるといわれています。


最後までお読み頂き誠に有難う御座いました。

~感謝し、感謝される志事を~

  あさひ鍼灸接骨院
http://www.asahisekkotsuin-nagoya.com/

<骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ鍼灸接骨院と中区の金のしゃちほこ鍼灸接骨院>

▲ページ上部へ戻る