名古屋の整体・あさひ接骨院 HOME > 各症状とその施術法

各症状とその施術法

腰痛

腰痛ってなんだろう? ある人がお腹が痛くてかかりつけの先生にみてもらったとします。 ある人はどうしてお腹が痛いのか知りたかったのです。 おもむろに検査器具をあて、カウンセリングをしていろんな検査をしま...

続きを読む >>

花粉症の症状が出る時期について

原因植物の開花期によって症状が出る季節が違います。 スギ花粉症にかかる人が多いため、「花粉症は春先だけ」と思われがちです。 しかし、スギ以外の植物が原因となって花粉症を起こすこともあり、その開花期によ...

続きを読む >>

花粉症を防ぐための生活法について

外出時の三種の神器は「マスク、メガネ、帽子」 花粉症の症状を抑えるためには、普段から花粉を上手に避ける工夫をすることが大切です。 ・花粉が飛びやすいときの外出を避ける 花粉は湿度が低く、晴れた日にか...

続きを読む >>

いびきについて

睡眠時、空気の通り道が塞がれるために発生私たちが呼吸をするとき、 鼻から吸った空気は鼻腔からのど、 すなわち上気道(空気の通り道)を通って肺との間を行き来します。 空気の通り道には鼻腔やのどなど、 ...

続きを読む >>

過敏性腸症候群について

「過敏性腸症候群について」 腸に病気がないのに便通異常が起こります。 病気は器質的疾患と機能的疾患とに大別されます。 器質的疾患とは、検査で潰瘍やがん、炎症など、見た目の形状に異常が見られる病気です...

続きを読む >>

いびきが病気の誘因になるケースについて

「いびきが病気の誘因になるケースについて」 かぜやのどの炎症、睡眠時無呼吸症候群など、 いびきをかく人のほとんどが口を開き、口から呼吸をして寝ています。 鼻の粘膜は冷たい空気を温めたり、湿気を与えた...

続きを読む >>

昔からの美容法

「昔からの美容法」 米ぬかの効果 くすみのもとになる、厚く硬くなった手ごわい角質もおだやかに除去します。 がさがさ荒れ肌もしっとりなめらか、うるおいとつややかさを保ちます。 洗顔だけで落とせないメラ...

続きを読む >>

体温36.5度の秘密について

「体温36.5度の秘密について」 そもそも私たちの体はなぜ、36.5度なのでしょう?  実は、 36.5度は完璧なバランスを持った温度なのです。 36.5度は細菌感染を防ぐために十分な熱、 ただし物...

続きを読む >>

毛髪の寿命について

「毛髪の寿命について」 人の毛髪は約10万本あり、1ヵ月に約1センチ成長するといわれます。 一定の期間、成長を続けて寿命を迎えると毛髪は自然に抜けます。 寿命は男性で2~5年、女性で4~6年。 個人差...

続きを読む >>

顔痩せトレーニング

「顔痩せトレーニング」 舌出し運動 顔痩せに一番効果的なのが、舌出し運動。 舌というのは体の中でも唯一骨とつながっていない筋肉と言われていわれていて、 舌を鍛える事で周りにあり筋肉も鍛えられるという...

続きを読む >>

紫外線や汗による、発毛・育毛の影響について

「紫外線や汗による、発毛・育毛の影響について」 強い直射日光に長時間あたると、頭皮も顔や体と同様に日焼けを起こし、ダメージを受けます。 頭皮が赤くなってかゆくなり、ひどいときは脱毛の原因になります。...

続きを読む >>

お腹が空いてたまらない時

「お腹が空いてたまらない時」 もしあなたが今ダイエットをしているなら、最大の敵は「腹ペコ」ですよね。 お腹が空いたのをガマンするのもストレスなら、つい食べ過ぎて自己嫌悪に陥るのもストレス。 空腹を感...

続きを読む >>

歯周病について

「歯周病について」 歯周病は感染症の一つで、 歯こうや歯石を媒介に歯周病菌に感染することで起こります。 症状は歯茎の腫れや出血です。ひどくなると歯が抜けることもあります。 また、歯周病の影響は歯だけで...

続きを読む >>

便秘について

「便秘について」 日本人女性の二人に一人は便秘で悩んでいると言われています。 便秘の原因は様々ですが、 女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの働きも影響します。 生理前は黄体ホルモンの分泌が盛んなの...

続きを読む >>

減塩について

「減塩について」 塩分は人が生きていくうえで重要であり、料理の味付けにも欠かせません。 しかし、過剰な摂取は高血圧につながります。 減塩のため、普段から、しょう油はできるだけ減塩しょう油を選びましょう...

続きを読む >>

家庭での血圧測定について

「家庭での血圧測定について」 みなさんは自分の普段の血圧をご存知ですか。 日中医療機関で測る血圧が正常範囲内であっても夜間や早朝に血圧が高い場合があります。 血圧が上昇し始める早朝は心筋梗塞や脳卒中...

続きを読む >>

口内炎について

「口内炎について」 口内炎の原因には、 歯の噛み合わせや歯茎の傷、 栄養バランスの偏りなどがあります。 口内炎は、しっかりとした食事や睡眠をとることで、 1~2週間程度で自然に治ります。 口内炎の予...

続きを読む >>

胆石について

「胆石について」 胆石は、肝臓から出される胆汁の成分が胆嚢等の中で固まってたまる病気です。 胆石は、男性よりも女性の方が1.6倍も多いと言われています。 どうして石ができるのか、不明な点も多いのです...

続きを読む >>

水虫の原因について

「水虫の原因について」 カビの一種「白癬菌」が皮膚に潜伏するため、 水虫の原因は、カビの一種である「白癬菌」です。 白癬菌には、人から人に伝染するヒト好性菌と、 土の中に棲息する土壌好性菌、 イヌやネ...

続きを読む >>

目のかすみについて

「目のかすみについて」 疲れ目、加齢、目の病気が原因で起こります。 目のかすみが起こる原因は大きく次の2つに分けられます。 ・疲れ目 コンピューターの画面や細かい活字など近くを長時間見続けたりすると...

続きを読む >>

玄米の栄養価について

「玄米の栄養価について」 粗食のイメージがある玄米や雑穀には、たくさんの栄養素が詰まっています。 粗食は粗末な食事ではなく、実は、栄養価に優れた味わい深い美食。 玄米や麦、ひえなどの雑穀は、昔から主...

続きを読む >>

姿勢について

「姿勢について」 背筋を伸ばして、いい姿勢で立つだけで、背中やお腹、お尻や首の筋肉が自然と鍛えられて、簡単なエクササイズになります。 悪かった姿勢を正すと、 普段使われていなかった筋肉を使うので、筋肉...

続きを読む >>

放射能について

「放射能について」 放射能で、特に症状が出やすいのは、放射性ヨウ素による甲状腺異常です。 体内のヨウ素は70~80%が甲状腺にあるため、 放射性ヨウ素が体内に入ると、甲状腺に集まって、やがて甲状腺ガ...

続きを読む >>

糖尿病と食事について

「糖尿病と食事について」 食べ過ぎ、偏食が血糖値を上昇させます。 血糖値は、毎日の食事の摂り方に大きく左右されます。 まず、食べ過ぎは、糖尿病のリスクを明らかに高めます。 必要以上に食べると、血液...

続きを読む >>

肥満予防のためのお酒のおつまみについて

「肥満予防のためのお酒のおつまみについて」 お酒を飲むと食欲が増し、どうしても食べ過ぎてしまいます。 なるべくカロリーの少ないものを食べるようにしましょう。 カツやコロッケなど揚げ物はカロリーが高い...

続きを読む >>

ストレスといびきの関係について

「ストレスといびきの関係について」 酸素を取り込もうとするため、いびきを誘発。 ストレスがたまったり、過労状態になると、体は無意識のうちに口からたくさんの酸素を取り込もうとします。 すると、呼吸に関...

続きを読む >>

ドライアイについて

こんにちは。 スマイル先生です。 それではスタート。 「ドライアイについて」 ドライアイはパソコン作業による目の酷使やエアコンによる乾燥、コンタクトレンズ装着などにより引き起こされます。 ドライアイの...

続きを読む >>

腹式呼吸について

「腹式呼吸について」 イライラや興奮、不安など緊張が高まると脈や血圧が高くなります。 精神的ストレスを感じたら、できるだけ早いうちに解消し、心身のバランスを整えましょう。 簡単に心身をリラックスさせ...

続きを読む >>

突然花粉症になる仕組みについて

「突然花粉症になる仕組みについて」 花粉症は花粉を吸い込むことで起こる病気で、IgE(アイジーイー)抗体(免疫グロブリンE=花粉などに抵抗して体内につくられる物質)をつくりやすいアレルギー体質が大き...

続きを読む >>

花粉症が発症しやすい環境とは?

「花粉症が発症しやすい環境とは?」 スギ花粉症は、スギの木が多い山間部より都市部に患者数が多いことから分かるように、発症には人工的な都市型の生活環境が影響すると考えられます。 具体的な誘因は次の通り...

続きを読む >>

生活環境の変化が心に与える影響について

「生活環境の変化が心に与える影響について」 まず、どんなときに心の病気が起こりやすいかをあげましょう。 1、遺伝  もって生まれたストレスにのみ込まれやすい性格や体質。 2、環境の変化  環境や社会...

続きを読む >>

ストレスによる胃の状態について

「ストレスによる胃の状態について」 胃の防御因子が弱まり攻撃因子が強まります。 通常、胃は胃粘膜を守る「防御因子」と、攻撃する「攻撃因子」のバランスがうまく釣り合って健康な状態を保っています。 とこ...

続きを読む >>

脂肪肝について

「脂肪肝について」 脂肪肝は、食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった肝臓の肥満症と言える状態です。 脂肪肝は、動脈硬化や生活習慣病を引き起こす恐れがあります。 肝臓は沈黙...

続きを読む >>

低血糖症と情緒不安定について

「低血糖症と情緒不安定について」 甘いものやジュースを摂取することで急激に血糖値が上昇すると、 膵臓は血糖値を正常に戻すためにインスリンを分泌します。 しかし、血糖値の調節に膵臓が疲れきってしまうと...

続きを読む >>

慢性的な睡眠不足について

「慢性的な睡眠不足について」 睡眠不足だと作業能率が下がると言われています。 ある晩の睡眠がよくないとそのつけは、翌日にまわります。 もし、次の晩、解消できないとその翌日に利子付きでつけが持ちこされ...

続きを読む >>

脳貧血(起立性低血圧)について

「脳貧血(起立性低血圧)について」 脳貧血は、起立時または持続して立っているときに血圧が低下し、一時的に脳の血流が少なくなり起こります。 脳貧血の症状は、失神、めまい、吐き気、冷や汗、頭の血の気が引...

続きを読む >>

エコノミークラス症候群について

「エコノミークラス症候群について」 エコノミークラス症候群とは、 長時間同じ姿勢を続けると下腿などの深部静脈に血栓ができ、その血栓が血流により、肺へ飛び、肺塞栓を起こす病気です。 長時間飛行機に乗る...

続きを読む >>

胃が荒れると出る症状について

「胃が荒れると出る症状について」 痛みや吐き気、食欲不振などさまざまな症状が出ます。 胃はとても働き者の臓器で、 食べ物の貯蔵、消化・吸収、温度調節まで、さまざまな仕事をします。 胃の内部は鉄を作る...

続きを読む >>

ストレスと肥満の関係について

それではスタート。 「ストレスと肥満の関係について」 男性と女性とでは異なる結果に。 ストレスは食欲の低下を引き起こすこともあれば、 逆にストレスから過食に走り、肥満に結びつくこともあります。 調査...

続きを読む >>

ハーブについて

「ハーブについて」 ハーブには、ストレス解消や安眠など様々な効果があります。 例えばカモミール。 これは風邪や生理痛、不眠など体や心の様々なトラブルに作用すると言われています。 また、ローズヒップは...

続きを読む >>

善玉と悪玉の違いについて

「善玉と悪玉の違いについて」 コレステロールの運ばれ方が違います。 コレステロール自体は皆同じで、善玉も悪玉もありませんが、 組み込まれるリポタンパクにより違いが出てきて、善玉と悪玉に区別されます。...

続きを読む >>

シミについて

「シミについて」 メラニンがどんどんつくられ続ける。 表皮では常に新陳代謝が行われて、 新しい皮膚が誕生し、 古い皮膚は垢となってはがれ落ちています。 このときメラニン色素も一緒にはがれ落ちるのです...

続きを読む >>

膝の痛みについて

「膝の痛みについて」 中高年のほとんどが変形性膝関節症です。 年齢を重ねるにつれ、膝の痛みを訴える人が多くなります。 中高年の膝が痛くなる病気で圧倒的に多いのが「変形性膝関節症」です。 男性よりも女性...

続きを読む >>

糖尿病にかかりやすい人について

「糖尿病にかかりやすい人について」 食べ過ぎ、運動不足、ストレス過多の人など、 糖尿病は病気の起こり方によって、主に「1型糖尿病」、「2型糖尿病」の2種類に分類されます。 日本人の糖尿病全体の9割以...

続きを読む >>

冷えは老化を早める

冷えには老化を早める要素がたくさんあります。 まず血行が悪くなるという事が一番分かりやすいでしょうか。 体の隅々にまで酸素や栄養を運んでくれているのは血液ですし、 同じく不要になった老廃物や炭酸ガス...

続きを読む >>

肥満を予防する食事法について

「肥満を予防する食事法について」 バランスのよい食事を規則正しく摂ること。 肥満予防の鍵は、食事の内容と、その摂り方にあります。 内容的には、栄養バランスがよく、適正なエネルギー量であることがポイン...

続きを読む >>

通年性アレルギー性鼻炎の改善について

「通年性アレルギー性鼻炎の改善について」 掃除や布団干しなどでダニなどを減らします。 通年性アレルギー性鼻炎を改善するには、アレルギーの原因となる抗原を突き止め、生活環境からできるだけ排除しましょう...

続きを読む >>

日本人は胴長、短足

「日本人は胴長、短足」 日本人は胴長、短足。   多分ご存知だと思うのですけど、 その理由はご存知でしょうか? その理由は、小腸が長いからなんですね。 どうして小腸が長いかと言いますと、 「縄文時代...

続きを読む >>

目の下のクマについて

「目の下のクマについて」 寝不足や疲れている時にできる事が多い、目の下の「クマ」。 これがあるだけで、いくら元気なふりを装っても、 「あれ、無理してない?大丈夫?」 と心配されたり表情もどことなく暗...

続きを読む >>

抗生物質について

「抗生物質について」 抗生物質は、微生物から、他の微生物を殺したり発育を抑えたりする物質を抽出して、感染症の治療に応用した薬。 カビから精製したペニシリンが有名ですが、 現在は化学合成によって作られ...

続きを読む >>

血液サラサラの5つの習性とは

「血液サラサラの5つの習性とは」 しそ油をとる。 タバコを吸わない。 青魚を食べる。 海草類を食べる。 水分をいっぱいとる。. (桑の葉なら更に効果的) ※たまねぎ・黒酢なども効果がある。 <骨盤矯...

続きを読む >>

水虫の人の割合について

「水虫の人の割合について」 4人に1人が水虫。 日本人の4人に1人は水虫にかかっていることが、医学的な調査で分かっています。 さらに、60歳以上では、実に2人に1人が水虫といわれています。 水虫は、...

続きを読む >>

水虫の症状について

「水虫の症状について」 水虫の症状は、足の部位や症状によって4つに分けられます。 ・趾間型 指と指の間(趾間)の皮がむける、皮膚が白くふやける ・小水疱型 土踏まずや足の側面に小さな水ぶくれができる...

続きを読む >>

日焼けのメカニズムについて

「日焼けのメカニズムについて」 皮膚は体の最も外側にある臓器で、表面から深部に向かって「表皮」、「真皮」、「皮下組織(皮下脂肪など)」の3層からなります。 そのなかで、紫外線や化学物質などの有害な刺...

続きを読む >>

冷え症の症状について

「冷え症の症状について」 西洋医学上の定義は 「体のほかの部分はまったく冷えを感じないような温度でも、手、足、腰、背中、ひざなど特定の部位のみがとくに冷たく感じるもの」 で、検査をしてもとくに異常が...

続きを読む >>

二日酔いに効く薬について

「二日酔いに効く薬について」 残念ながら、二日酔いになった人すべてに効く薬というのはありません。 ただし、それぞれの症状に応じた薬を服用することで、つらい症状をやわらげることはできます。 胃痛や胃の...

続きを読む >>

女性の便秘について

「女性の便秘について」 便秘は女性ホルモンと関係があり、 排卵日以降増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)は、大腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。 また、妊娠中も黄体ホルモンが活発になるので、便...

続きを読む >>

息切れや咳、痰が続く原因について

「息切れや咳、痰が続く原因について」 呼吸器系疾患の疑いあり診察や治療が急務です。 健康な人は年齢に関係なく、軽い動作で息切れをしたり、咳や痰がずっと続くことはありません。 それらの症状が1年以上続...

続きを読む >>

蚊による虫刺され予防について

「蚊による虫刺され予防について」 蚊に刺されないためには、まず蚊の発生を防ぐことが大切です。 空き缶やプランターの水受けなどに溜まる水はすぐに除去し蚊が産卵やふかする場所を減らしましょう。 また、窓...

続きを読む >>

煮干しはストレス解消の特効薬

「煮干しはストレス解消の特効薬」 煮干しのカルシウムは骨を丈夫にしてくれます。 カルシウムも効率的に取れ、 また骨を丈夫にするだけでなく、 脳の細胞を静めさせる作用もあります。 現代人が常にイライラ...

続きを読む >>

食中毒にはどんな種類について

「食中毒にはどんな種類について」 食中毒とは、「食品を摂ることによって起こる急性胃腸炎を主とした健康障害」 のこと。 その原因は 1.食品中に混入した細菌。 2.メタノールやヒ素などの化学物質による...

続きを読む >>

むし歯予防について

「むし歯予防について」 むし歯予防の基本はプラークコントロールです。 プラークとは歯垢のことを指し、 さまざまな種類の細菌の塊です。 歯垢を取り除くためにはブラッシングが大切です。 歯垢染色剤を使う...

続きを読む >>

便秘になる人とならない人について

「便秘になる人とならない人について」 病気などでからだが衰弱しているときは、 通常の健康状態のときより便秘になりやすいといえますが、 多くは体質と、その人の生活習慣にあります。 便秘になる人の中には...

続きを読む >>

食中毒の原因について

「食中毒の原因について」 私たちが普段食べている食品は無菌状態にあるわけではなく、1グラムあたり、1000 ~1万個の細菌が存在しています。 通常、食中毒は1度に100万~1000万個の細菌を食べて...

続きを読む >>

夏場に多い食中毒について

「夏場に多い食中毒について」 腸炎ビブリオは、'50年に日本で発見された細菌Dで、夏場の魚介類、とくに温度 管理の悪いすしや刺し身、輸入魚介類などが感染源となります。 腸炎ビブリオは、海水中で繁殖。...

続きを読む >>

水虫について

「水虫について」 <原因と症状> 水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが原因で起こります。 水ぶくれができたり、皮膚がむけてきたり、強いかゆみを感じたりすることも少なくありません。 白癬菌は、適...

続きを読む >>

ジンギスカンについて

「ジンギスカンについて」 羊のお肉を使った料理をジンギスカンといいます。 ちなみに、大人の羊肉を「マトン」 子供の羊肉(1年未満の羊)を「ラム」といいます。 この羊肉は牛肉や豚肉などとは異なり、「L...

続きを読む >>

食中毒になる人とならない人について

「食中毒になる人とならない人について」 同じ原因食品を食べても、細菌による食中毒の発症率は通常30パーセント程度。 食中毒が発症するかどうかは、かぜなどの感染症と同様に、その人の健康状態に も左右さ...

続きを読む >>

冷蔵庫に食品を保存するときの注意点について

「冷蔵庫に食品を保存するときの注意点について」 冷蔵庫で食品を保存することは食中毒の予防にとても効果的ですが、温度管理が 不適切だったために食中毒が発生した例もあります。 次のような点に注意するよう...

続きを読む >>

キッチンの衛生管理法について

「キッチンの衛生管理法について」 「食事の後片付けはそれだけで面倒なのに、毎回、消毒なんて」と思われる主婦 の方も多いでしょう。 そこで、かんたんな消毒法をご紹介しましょう。 まず、食器は洗剤で洗っ...

続きを読む >>

夜の運動で快眠について

「夜の運動で快眠について」 日頃から運動をしている人とそうでない人では、 運動している人のほうが深く眠っていることがわかっています。 また、運動を習慣にしている人のほうが不眠になりにくい傾向にあるよ...

続きを読む >>

おなかが痛いときについて

「おなかが痛いときについて」 激しい腹痛は、急性膵炎(すいえん)、急性虫垂炎(ちゅうすいえん)、子宮外妊娠の卵管破裂、潰瘍性大腸炎などが考えられます。 まずは衣服をゆるめ、ひざの下にクッションを入れ...

続きを読む >>

感染症の療法について

「感染症の療法について」 感染症には大きく分けて寄生虫、細菌、ウイルスに因るものがあります。 いわゆる「抗生物質」とはこの中の細菌を殺すための薬です。 ウイルスに対する薬はほんの数種類しかなく、 (...

続きを読む >>

食べ合わせダイエットについて

「食べ合わせダイエットについて」 食べ合わせダイエットは管理栄養士の伊達友美さんが考案したダイエット方法です。 このダイエット理論は従来のダイエット法とは異なり、 「酵素を含む食べ物」や「良質な油と...

続きを読む >>

砂糖と油

「砂糖と油」 油は砂糖のカロリーの倍あります。 しかし料理などの時、油よりも砂糖は多く使っている場合が多い。 <骨盤矯正、むち打ち(交通事故)、耳ツボダイエットは名古屋中村区のあさひ接骨院> ...

続きを読む >>

腎疾患について

「腎疾患について」 腎不全など腎臓の疾患は様々ですが、 これらの疾患の怖い所は「自覚症状に乏しいものが多い」事です。 検査で引っ掛かって医師に注意を受けても症状がないために病院に行かない。 そしてい...

続きを読む >>

ホクロについて

「ホクロについて」 ホクロは、皮膚の色素細胞系が一部の細胞に集中して増生したものです。 太陽から光を吸収しすぎないために自然にできてしまう組織で、 その組織のことをメラニン色素といいます。 もちろん...

続きを読む >>

リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を邪魔する

「リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を邪魔する」 リンは「カルシウム」や「マグネシウム」と結合し、骨や歯を作るので、とても大切な成分です。 しかし、リンを過剰に摂取すると、多くのカルシウムと結びついて...

続きを読む >>

相性の良い野菜について

「相性の良い野菜について」 相性の良い野菜を組み合わせると、それぞれの持つ効果がアップします。 カボチャ+チンゲン菜。 免疫力を高め、ガン予防効果。 ゴボウ+レンコン。 整腸作用を高め大腸ガン予防効...

続きを読む >>

キウイとヨーグルトの相乗効果について

「キウイとヨーグルトの相乗効果について」 ヨーグルトにキウイを混ぜて食べると、 脂質代謝に必要なカルニチンの合成が良くなり、 体脂肪を燃やして疲れにくい身体、美肌を作る上での最高の組み合わせ。 カル...

続きを読む >>

アスピリン喘息について

「アスピリン喘息について」 アスピリン喘息と呼ばれるNSAIDsという種類の痛み止めの服用後に起こる喘息があります。 薬を飲んだ後になぜか鼻が詰まるなどの症状がある方は、 この喘息の可能性があります...

続きを読む >>

舌で健康チェックについて

「舌で健康チェックについて」 特に身体のことに詳しくなくても、 簡単に自分の健康状態をチェックする方法があります。 それは毎朝、自分の舌を鏡で見てみることです。 全体が淡いピンクでうっすらと白い...

続きを読む >>

スイッチOTC薬について

「スイッチOTC薬について」 スイッチOTCとは薬の分類のようなものです。 今まで病院でしか処方する事ができなかった薬の中で、実績が長く、副作用の少ないもの。 これを薬局で売る事が可能になった薬の事...

続きを読む >>

皮膚かぶれについて

「皮膚かぶれについて」 皮膚かぶれは、皮膚に起こる炎症になります。 アレルギー性のかぶれと過敏性の刺激から起こるものがあります。 皮膚がかぶれてくると、腫れや痒み、皮膚の色も赤みをおびてきます。 人...

続きを読む >>

バナナでむくみ解消について

「バナナでむくみ解消について」 むくみの原因の一つにナトリウム(塩分)の摂取が関係しています。 体内の塩分濃度は常に一定に保とうとしますので、 塩分を多く摂取すると、水分も多く摂取しなければなりませ...

続きを読む >>

朝鮮人参で体力の回復について

「朝鮮人参で体力の回復について」 朝鮮人参はオタネニンジンといい、ウコギ科の植物です。 朝鮮人参は体力を増し、精神を安定させる働きがあります。 特に胃腸の働きを活発にするので胃腸が弱く体力のない人、...

続きを読む >>

胃痛について

「胃痛について」 胃痛は、何らかの胃の疾患や過度なストレスなどが原因で起こります。又、治療で使用する薬の副作用からも起こります。 胃痛の対策として、次の三点に注意をしてみましょう。 一、過度なストレ...

続きを読む >>

やまいもについて

「やまいもについて」 やまいもは、消化吸収を助ける。 やまいもは滋養・強壮のトップクラスに位置する野菜です。 胃の働きを高める作用や、 やまいものぬめりに含まれるムチンという成分はタンパクの吸収を高...

続きを読む >>

シワができる原因について

「シワができる原因について」 皮膚の中には、弾性繊維と呼ばれる、 ゴムのように伸び縮みする糸が、たくさん入っています。 この細いゴムのような糸が、 皮膚を引っ張っているために、皮膚はピンとしています...

続きを読む >>

生活習慣について

ある日突然、脳卒中や心筋梗塞を発症したとします。 しかし、本当にある日突然発症したのでしょうか? 確かに目に見えた脳卒中や心筋梗塞の前兆はなかったかもしれませんが、 健康診断では肥満や中性脂肪、 血...

続きを読む >>

体脂肪計で体脂肪率について

「体脂肪計で体脂肪率について」 体脂肪計に乗っただけで、どうして体脂肪率がわかるのだろうか? 体脂肪率を測るとき体に微量の電流を流しているのです。 電流は水や筋肉などを通す性質がありますが、 脂肪に...

続きを読む >>

立ちくらみやめまいの原因と症状について

「立ちくらみやめまいの原因と症状について」 立ちくらみやめまいなどの原因となっている原因が貧血と思い調べても血液に特にトラブルはなく、 原因をハッキリと特定できないままになっているケースが多々あるよ...

続きを読む >>

貧血と朝食について

「貧血と朝食について」 貧血にはいろいろな病型がありますが、 最も多いのは鉄分欠乏性貧血、鉄分不足のために起こる貧血です。 鉄分の不足は、著しい偏食、菓子やインスタント食品を好む傾向や、野菜嫌い、外...

続きを読む >>

動脈硬化による病気について

「動脈硬化による病気について」 動脈硬化とは、 動脈の血管の内側の壁に余分なコレステロールがたまってプラークと呼ばれる大きなコブを作って狭くなったり、 血管の弾力がなくなる状態をさします。 プラーク...

続きを読む >>

クモ膜下出血について

脳は周りが脊髄液で囲まれていて、クッションの役割を担っています。 そして更に内側から軟膜、クモ膜、硬膜と膜に覆われてその外側に頭蓋骨があります。 クモ膜下出血はこの軟膜とクモ膜の間のクモ膜下腔と呼ば...

続きを読む >>

動脈硬化性疾患による死亡について

「動脈硬化性疾患による死亡について」 厚生労働省の調査結果によると現在、 日本の死亡原因の第1位は悪性新生物(癌)、 第2位は心疾患、 第3位は脳血管疾患であることが明らかになっています。 心疾患と...

続きを読む >>

動脈硬化の危険因子について

「動脈硬化の危険因子について」 動脈硬化を進行させる危険因子としては、 (1)脂質異常症 (2)糖尿病 (3)高血圧 (4)喫煙 などがあります。 そのなかでも、動脈硬化の進行において、最も動...

続きを読む >>

MRI検査について

こんにちは。 スマイル先生です。 それではスタート。 「MRI検査について」 精密検査の中にMRI(Magnetic resonance Imaging System)による画像検査があります。 これ...

続きを読む >>

ストレスで下痢になるしくみについて

「ストレスで下痢になるしくみについて」 ストレスによる自律神経の乱れなども下痢の原因。 排便を起こす大腸の蠕動運動は、自律神経によってコントロールされています。 自律神経には交感神経と副交感神経があ...

続きを読む >>

AEDについて

「AEDについて」 よくお店などにAED(自動体外式除細動器)がありますが、 あれはどのようなものなのでしょうか。 除細動というのは、 おかしくなった心臓を電気を流す事によって一旦止めて、心臓の機能...

続きを読む >>

飲料水の糖分について

「飲料水の糖分について」 まだまだ残暑きびしく、冷たいジュースを沢山飲みがちですが、 飲料水の糖分には十分注意しましょう。 例えば野菜ジュースには、三gのステックシュガー約三本の糖分が入っています。...

続きを読む >>

疲労を放っておくとおこる症状について

「疲労を放っておくとおこる症状について」 労働や学習の質と量の低下、発病など、 生命維持のためのアラームを無視して疲労を放っておくと、 まず労働や学習の質と量の低下がみられます。 文部科学省の調査によ...

続きを読む >>

トマトジュースについて

「トマトジュースについて」 「トマトのある家に胃弱なし」といわれるように、 胃腸機能の強化、肥満や高血圧などの改善など多用な効果を発揮するトマト。 ビタミン類の他に天然のアミノ酸も多量に含んでいます...

続きを読む >>

ほくろっぽい癌について

「ほくろっぽい癌について」 悪性黒色腫と呼ばれる見た目がほくろっぽい癌があります。 日本人で足の裏などにできる事が多く「非対称」「辺縁不整」「色調の濃淡がある」「6mm以上」「隆起」がほくろとの違い...

続きを読む >>

体の疲れの原因は?

「体の疲れの原因は?」 過度の労働や運動、栄養バランスの偏りなど、 体の疲れのおもな原因は次の通りです。 ・過度の労働や長時間の労働 ・立ちっぱなしや座りっぱなしの作業による拘束(こうそく)ストレス...

続きを読む >>

頭痛薬の市販薬の上手な利用法について

「頭痛薬の市販薬の上手な利用法について」 空腹時を避け、頭痛や前兆が出た際、早めに服用。 頭痛に効く市販薬のおもな成分は次の通りです。 ●鎮痛成分 →血管周辺の炎症を抑えたり、 大脳へ痛みが伝わるのを...

続きを読む >>

1日に必要な栄養について

「1日に必要な栄養について」 各栄養にはそれぞれ異なった働きがあり、これらを過不足なく毎日、摂ることが、健康の維持につながります。 そこで、各栄養素の基本的な働きと、成人が1日に摂取すべき量の目安を...

続きを読む >>

処方薬と市販薬の違いについて

「処方薬と市販薬の違いについて」 病院でもらう処方薬(医療用医薬品)は、診察や検査を受けた後に、医師の判断で特定の個人、特定の症状に合わせて使われる薬です。 市販薬(一般用医薬品)は、どのような人が使...

続きを読む >>

ぜんそくについて

「ぜんそくについて」 「ぜんそく」と言われるのはいわゆる気管支喘息の事です。 病態的には2つのタイプのアレルギーが関係し、 それによって気管支が狭窄するために特に呼気性の呼吸困難を来たします。 治療は...

続きを読む >>

ダイエット中の食事工夫について

「ダイエット中の食事工夫について」 ダイエット中に「食べたい」という「食欲」を抑えることは、なかなか難しいですよね。 そんな時は、食器や盛り付けにひと工夫してみましょう。 以前にも紹介しましたが、じ...

続きを読む >>

鉄欠乏性貧血について

「鉄欠乏性貧血について」 貧血にも色々種類がありますが、 今回は単に鉄分の欠乏による鉄欠乏性貧血についてです。 貧血を生じると、酸素を全身に行き渡らせようと心臓が頑張って拍出しようとしす。 これがひ...

続きを読む >>

5色の食事について

「5色の食事について」 「赤、黄、緑、白、黒」の五色を彩りよく組み合わせると、自然にバランスの整った食事が摂れます。 「赤」にはトマトやニンジンの他、肉、魚など、良質のタンパク質、脂質が豊富な食材が...

続きを読む >>

白血病について

「白血病について」 白血病とは簡単に言うと「血液の癌」です。 分類はいくつもありますが、ここではその根本の話をします。 血液には赤血球、白血球、血小板、リンパ球などがありますが、 元をたどれば全て一...

続きを読む >>

盲腸について

「盲腸について」 俗に「盲腸」と言われる病気は「虫垂炎」の事です。 虫垂は腹部の右下の盲腸からぴょこんと出た突起のような物で、そこに炎症が起こると発症します。 医学的には「心窩部痛から右下腹部に移動...

続きを読む >>

キュウリについて

「キュウリについて」 キュウリは90%以上が水分。 カリウムを豊富に含んでいるので、体内の余分な塩分や老廃物を尿と共に体外へ排泄。 血液をきれいにして、腎臓の働きを助けてくれます。 他にもビタミンA...

続きを読む >>

バナナについて

「バナナについて」 朝のエネルギー補給にバナナ。 エネルギー量は果物の中でもトップ。 完熟したバナナの炭水化物は果糖やブドウ糖なので、すぐにエネルギー化します。 時間のない朝食に、スポーツマンや受験...

続きを読む >>

ストレス解消に緑茶について

「ストレス解消に緑茶について」 お茶にはカフェインが含まれています。 カフェインは脳を刺激して活発にするために眠気を覚ましてくれる他、 体内の疲労物質を体外に排出する働きがあり、 また精神安定の効果も...

続きを読む >>

大動脈瘤について

「大動脈瘤について」 大動脈瘤とは血管に変化が生じ、大きな血管に瘤(こぶ)ができる結果、破裂のリスクとなります。 その中でも腹部大動脈瘤は腎動脈分岐部の下部にできやすく、大血管の拍動が大きくハッキリ...

続きを読む >>

睡眠障害について

「睡眠障害について」 睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がありますが、 通常では人は眠りにつく時はノンレム睡眠から始まります。 睡眠障害の中に「ナルコレプシー」と呼ばれ、日中突然耐えられない眠気や入眠時...

続きを読む >>

とびひについて

とびひは春から夏にかけて多い皮膚のトラブルで、 正式には伝染性膿痂疹と言います。 元々あった虫さされや湿疹の部分にブドウ球菌がついて、 炎症が起こり水ぶくれができるものです。 患部を触った手で、他の部...

続きを読む >>

グレープフルーツの香りで若返り?について

気持ちを落ち着かせたり、食欲を増進させたりと、 においにはいろいろな効果があることは皆さんもご存じでしょう。 そんな"におい"の中には、なんと女性を若く見せる作用があるものがある。 それが『グレープフ...

続きを読む >>

胃カメラについて

胃カメラとは上部消化管内視鏡検査のことで、 先端にカメラがついたファイバーを口から入れていきます。 観察できる範囲としては、 十二指腸の入口の膵液などが分泌される入口までです。 主に食道や胃の癌や潰瘍...

続きを読む >>

食生活が乱れると口内炎ができやすい理由について

口内炎とは口の中の粘膜に起こる炎症のこと。 体調を崩すと皮膚がカサカサになるのと同様、 口の中の粘膜も全身の健康状態の影響を受けますが、 粘膜は皮膚より刺激を受けやすいので、ダメージが大きくなります...

続きを読む >>

糖分を摂るときの注意について

糖質は次の3つに分かれます。 (1)単糖類(ブドウ糖、果糖など)   ...はちみつや果物に含まれる。 (2)2糖類(蔗糖、麦芽糖、乳糖など)   ...砂糖やお菓子、牛乳などに含まれる。 (3)多...

続きを読む >>

水虫について

これまで男性の病気と思われていた「水虫」ですが、 最近は若い女性に急増しています。 ブーツ、ストッキングなどで足がムレやすくなっていることが、その原因と言われています。 ●水虫はどんなもの? 白癬菌...

続きを読む >>

▲ページ上部へ戻る